年齢制限

学資保険で必要となる総額

大学入学から通常の卒業まで全てを賄うには相当多額の資金が必要となります。
国公立大学なら入学料と4年分の授業料の合計で、243万円程で、私立大学なら425万円程掛かります。
また、専攻される学部によっては負担額は更に多くなっていきます。
自宅から通学できれば問題はないのですが、そうでない場合は下宿費用や食費、通学費など様々なことを考えなくてはなりません。
お子様の夢を叶えるためにはやむを得ません。

生後すぐに加入されるのが一番いい方法ですが、お子様が大きくなられて大学へ進学される際の最低必要経費を考えて学資保険に加入されるわけですが、2口でも3口でも結構ですが、総額にも規制があります。
すべての学資保険受取総額は、1千万円が限度で、これには有ってはならない現実を踏まえた上での金額です。
学資保険を1つの保険会社で3口作る場合は、加入審査が厳しくなることが想定されます。
何故なら、『契約者死亡時の保険料払込免除保障』額が大きいからです。
今お住まいの場所から通学できる大学がなければ3口入り、あれば2口で加入されると、当面の費用は賄えると思います。
その内の1つは、保障型を選択された方が無難です。
続いて満期受取の方法ですが、18歳(入学2ヶ月前)と19歳(2学年1ヶ月前)、20歳(3学年1ヶ月前)、21歳(4学年1ヶ月前)に分けられた方が、目的がはっきりしていていいと思います。
1口300万円の学資保険なら、月額支払金は、1万3千円程度ですから、口数は、ご家族で話し合って決めてください。

学資保険を掛けるなら、お子様が0歳の時がいいのですが、駄目な場合でも3歳位には加入してください。
一番の曲がり角は、大学への進路方向がほぼ決まる、高等学校2年生の時です。
国公立大学なら2口あれば何とかなりますが、私立大学なら3口掛けていた方がよかったと思われる結果となります。
親元から離れて通学される場合は、下宿費用や通学費などが必要ですが、足らない分をアルバイトで稼ぐのは結構ですが、学業が疎かになりがちで、留年の心配もありますから、できれば国の教育ローンなどで、必要な時期に最小限の借入をして下さい。