年齢制限

元本割れの心配はない?

学資保険には貯蓄型と保障型があると思います。
貯蓄型の学資保険はお子様の学業のため貯蓄するものですから、元本が少なくなるということはまずありません。
保障型は、貯蓄以外にお子様の医療に対する保障や契約者が不慮の事態に陥った場合のことを想定して育英資金などを特約事項として設定したもので、元本割れは必ず発生します。

どちらを選択すべきか迷うところですが、国公立大学に行かれると4年間で500万円以上の資金が必要となり、私立大学ならその1.5倍程度の資金が必要となります。
元本割れがないとされる貯蓄型で考えても、月払い1万3千円で18歳満期の場合、約300万円程度の返戻金があります。
これを保障型に当てはめると、月払い1万4千5百円となり、1千5百円(保障枠の金額)程度高くなります。
この場合、契約者の加入時年齢が問題となってきます。
18年間で実に32万4千円を余分に支払わなければなりません。
契約者ご自身が個人的に加入されている保険で、手厚い保障がなされているものの時は、保障型の学資保険は必要ではないと思いますが、これに一抹の不安がある場合はよく検討された方がいいと思います。
これを元本割れと思われる方は、迷わず貯蓄型を選択してください。
銀行でお子様のために積立預金をされるよりも学資保険で掛けていかれる方が利息の配当率が高いですから有利です。
しかし、これらの生命保険会社を取り扱っているのは企業ですから、破綻(はたん)が絶対にないとは言えません。
そこで、国内で事業を行なう全ての生命保険会社が加入している『生命保険契約者保護機構』によって保険の継続が可能となっています。

一番危惧されることは、社会情勢ですが、今デフレからインフレ方向に誘導しようとしている真っ最中です。
その中で、物価の上昇に賃金の上昇が追いつくか否かの問題です。
インフレ誘導が加速すれば間違いなく18年後までに学費が上がる事は避けて通れないと思います。
学資保険も資産の一つですから、運用益の大きい学資保険が現れれば乗換えの検討も必要になるかも知れません。